記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazonから出版権確認のメール

旧掲示板記事:2017/02/04(Sat) 11:28

先日新しいKindle復刻版を出版申請したら、翌日出版権を確認するメールが届きました。

===================
お客様の本を出版するために、出版権を確認できる書類を5日以内にお送りください。

・[書籍名等]

お客様の本はパブリックドメインであるように見受けられます。このコンテンツの配布可能な場所を確認するために、次の情報の提示をお願いいたします。
1. すべての著者および翻訳者(該当する場合)とそれぞれの没年月日を確認できるURL
2. このコンテンツの最初の出版日を確認できるURL

この本がパブリックドメインでない場合は、ご返信にてその旨をお知らせいただき、お客様の出版権を証明できる書類を添付してください。
電子的な出版権を保有していない本を出版された場合は、アカウントを停止させていただく場合がございます。

===================

「出版権を確認できる書類を5日以内にお送りください」というのがちょっとわかりずらいです。
「書類」というのは現実の書類を郵送するってこと?

その下の、パブリックドメインであれば著者等の没年月日や出版日を確認できるURLっていうのは、こういう目的の為にも「内容紹介」の欄に、国会図書館の著作権保護期間満了書籍であることがわかるように記載してあるのに・・・。

基本的に、国会図書館の書誌情報欄に「インターネット公開(保護期間満了)」と記載してあるのは、国会図書館が著作者の没年月日を確認して保護期間満了と認定したもので。
例えば書籍内の序文やあとがき、本文の著者で、没年月日が確認できなかったものがある場合には、文化庁の裁定を受けて公開しており、書誌情報欄には「インターネット公開(裁定)」と記載されているんですよね。

というわけで、「書類」のことはよくわからないながら、上記のようなことを書き、該当書籍の国会図書館デジタルコレクレクションURLを返信したら、翌朝には目出度く「販売中」になりました。

それにしても、メール最後の「電子的な出版権を保有していない本を出版された場合は、アカウントを停止させていただく場合がございます。」が、物凄く怖かったw

これまでも何冊か、国会図書館デジタルコレクション内の保護期間満了書籍復刻版をKindle出版しているのですが、出版権確認メールが来たのは初めて。
どうゆう本、またはどういうタイミングで確認メールが来るんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ads

プロフィール

howtoepub3

Author:howtoepub3
主にKindle復刻版書籍を出版している「富楼那阿難堂」店主 puru。
このブログではKindleやepub製作のこと、AmazonでのKindle出版のことをつらつら書いています。
・HP「簡単!本格的!電子書籍の作り方
・HP「町の按摩さんドットコム
・「町の按摩さんblog

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。